大人ニキビのケアと年代別のニキビの特徴

大人になってから発生するニキビの特徴は乾燥と古い角質です。古い角質がスムーズに排出されないと毛穴をふさぎ、詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖して大人ニキビになります。大人ニキビは治りにくく、色素沈着の跡が残りやすいです。

毎日のスキンケアで大事なのが洗顔と保湿です。

ニキビケア化粧品の案内嬢

日本では男女を問わず大人ニキビで悩んでいる人が増えています。

10代の思春期にできるニキビと大人ニキビは原因が異なります。

思春期に発生するニキビはTゾーンにできやすいのが特徴です。

ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌され、余分な皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が繁殖してニキビができます。

思春期のニキビは丁寧に洗顔をして清潔にしていれば自然に治ることが多いです。


大人になってから発生するニキビの特徴は乾燥と古い角質です。

加齢の影響でヒアルロン酸やセラミドが減少すると肌が乾燥しやすくなります。

肌の代謝が悪くなるとターンオーバーが遅くなり古い角質が残ってしまいます。

古い角質がスムーズに排出されないと毛穴をふさぎ、詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖して大人ニキビになります。

大人ニキビは治りにくく、色素沈着の跡が残りやすいです。

大人ニキビを防ぐには、日頃からのケアが大切になります。


毎日のスキンケアで大事なのが洗顔と保湿です。

洗顔料は刺激の少ないものを使って泡で転がすように丁寧に洗います。

洗顔した後は肌が敏感になっているので、保湿ケアをしっかりとします。

ビタミンC誘導体が配合された化粧品には抗酸化作用と美白作用がありニキビ肌にも効果的です。

できてしまったニキビと肌に残った色素沈着の跡を同時にケアします。


日本ではヒアルロン酸やプラセンタ、セラミドなど保湿成分やエイジングケア成分が贅沢に配合された化粧品が数多く販売されています。

大事なのは自分の肌に合ったニキビ用の化粧品を使うことです。

優れた化粧品を使っても生活習慣や食生活が乱れていると治るのに時間がかかります。

特に重要なのが睡眠と食事です。

仕事を持っている人の中には残業で夜遅くなり十分な睡眠を取れない人もいます。

睡眠不足の日が続くと男性ホルモンの働きが活発になります。

男性ホルモンが増えるとニキビができやすくなるので注意が必要です。

肌のためには仕事から帰ったら夜更かしせず早めに就寝します。


ニキビができているときは油分を控えて良質のタンパク質と野菜を十分に摂ることが重要です。

ビタミンとミネラルが不足すると肌トラブルが発生しやすくなります。

栄養バランスが悪い食生活を続けていると便秘のリスクが高くなり、肌にも悪影響を与えます。

日常生活でストレスを感じるとホルモンバランスが乱れやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると肌荒れの原因になるので、できるだけストレスをためこまないようにすることが大切です。

■ サイト・コンテンツ ■

  • TOP…ランキング一覧
    • ニキビケア化粧品おすすめ@人気ランキング…調べました!
  • ニキビケア化粧品を探す前に自分のニキビのタイプを知る…!
    • ニキビケア化粧品を探す前に、自分のニキビのタイプについてしっかりと把握し、それに合った化粧品を選ぶようにしましょう。
  • ニキビの原因を把握して対策しよう…!
    • ニキビの原因として皮脂量が増えることがありますが、その原因となるのが乾燥、ターンオーバーの乱れなどです。まずは肌のターンオーバーを正常にして、ニキビの原因を解消していきましょう。
  • ニキビケアに成功した私の体験談…!
    • ニキビケアをする時のポイントは、サンプルやお試しセットを利用すること、なるべくシンプル処方で保湿力に優れたものを選ぶこと、使い続けること、そして、栄養バランスや睡眠時間もある程度視野に入れることだと思います。
  • ニキビケアの体験談で救われた…!
    • ニキビって、出来てからどうにかするのは無理、ニキビが出来ない肌にしなきゃだめなんだと判りました。高級な化粧品も散々使ってきましたが、その体験談に教えられたのはシンプルなやり方でした。