ニキビとは?症状と原因を見極め適切なケアをしよう

皮脂には本来必要のない角質やほこりが肌に付着したり、メイクの汚れが落ち切らないなどの理由で毛穴がつまり、そのつまりに対しアクネ菌が増殖して炎症を起こした状態をニキビと言います。

原因の第一はビタミンBの欠乏

ほうれい線ケアの案内嬢

皮脂には本来必要のない角質やほこりが肌に付着したり、メイクの汚れが落ち切らないなどの理由で毛穴がつまり、そのつまりに対しアクネ菌が増殖して炎症を起こした状態をニキビと言います。

ニキビは原因や炎症の症状によりさまざまな種類に分けられます。

まず初期の状態として角栓や汚れなどが皮脂とまじりあって角栓を作り毛穴を防ぐことになります。

これが毛穴が詰まった状態です。

毛穴が詰まって出口をなくした皮脂が表皮の下にたまって盛り上がって白くぽつんと見えるのか白ニキビ、たまった皮脂が毛穴を押し広げて空気に触れた部分の皮脂が酸化して黒く見えるのが黒ニキビと言います。

そして毛穴にもともと存在しているアクネ菌がたまった皮脂によって増殖して炎症が起きて赤くはれ上がるものが赤にキビ、さらに炎症が進行して毛穴の中に膿がたまった状態が黄ニキビです。

このままの状態にしておくと治った後も肌に凹凸の跡が残る可能性もあるので、適切なケアが求められます。


なぜできるのかというと様々な原因が考えられますが、まず第一にビタミンBの欠乏があります。

ビタミンBは脂質の代謝を活発にして、皮脂の分泌を適正に保つ働きをもちます。

その中でも皮脂の分泌を調整し、肌を健康に保つものがビタミンB2です。

これが不足することによって肌は脂性肌となり、ニキビができやすい肌になってしまいます。

そのほかにも脂肪分や糖分の取り過ぎ、生理周期やストレス、睡眠不足によるホルモンバランスの乱れや、慢性的な便秘など様々な原因が考えられます。

ニキビの症状を緩和させるためには適切なケアが必要となります。

まず第一のケアとしてビタミンB2を中心としたビタミン類を補給しましょう。

特にビタミンB2はニキビ対策にかかすことができない成分です。

ビタミン類は体内にためておくことができないため、毎日意識して摂取することを心がけましょう。

そして丁寧な洗顔と十分な保湿ケアです。

額や鼻、口の周りは皮脂量がほかの部位よりも多いので、とくに念入りに洗顔を行いましょう。

洗顔をしっかりと行うことで、毛穴のつまりを予防することができます。

洗顔後は水分が蒸発する前に十分な保湿を行い、肌のバリア機能を高めます。

これによりにきび予防にもつながるでしょう。

そのほかにも肌に触れる寝具は常に清潔に保つように心掛け、髪の毛が顔に触れないヘアスタイルにすることも一つの手段です。

ニキビができると気になってさわってしまう人も多いですが絶対にさわることはやめましょう。

このようにさまざまなケアがありますが、どれも基本的なことです。

ニキビの改善にも、これからの予防のためにも意識して行いましょう。

■ サイト・コンテンツ ■

  • TOP…ランキング一覧
    • ニキビケア化粧品おすすめ@人気ランキング…調べました!
  • ニキビケア化粧品を探す前に自分のニキビのタイプを知る…!
    • ニキビケア化粧品を探す前に、自分のニキビのタイプについてしっかりと把握し、それに合った化粧品を選ぶようにしましょう。
  • ニキビの原因を把握して対策しよう…!
    • ニキビの原因として皮脂量が増えることがありますが、その原因となるのが乾燥、ターンオーバーの乱れなどです。まずは肌のターンオーバーを正常にして、ニキビの原因を解消していきましょう。
  • ニキビケアに成功した私の体験談…!
    • ニキビケアをする時のポイントは、サンプルやお試しセットを利用すること、なるべくシンプル処方で保湿力に優れたものを選ぶこと、使い続けること、そして、栄養バランスや睡眠時間もある程度視野に入れることだと思います。
  • ニキビケアの体験談で救われた…!
    • ニキビって、出来てからどうにかするのは無理、ニキビが出来ない肌にしなきゃだめなんだと判りました。高級な化粧品も散々使ってきましたが、その体験談に教えられたのはシンプルなやり方でした。