ニキビ跡とケアの基本は洗顔と保湿

肌荒れに対するケアは様々なものがありますが、ニキビ跡のケアの基本は洗顔と保湿にあります。その対策はニキビの症状によって異なります。

「肌へ刺激を与えない」ことが重要

ニキビケア化粧品の案内嬢

ニキビなどの肌荒れで気になるのはニキビそのものもそうですが、赤くなってしまいがちなニキビ跡も気になるところです。

肌荒れに対するケアは様々なものがありますが、ニキビ跡のケアの基本は洗顔と保湿にあります。

その対策はニキビの症状によって異なります。

まずは赤みのあるニキビ跡のケアから説明します。


赤みが出る原因はニキビの炎症とその炎症が悪化していたことが挙げられます。

炎症を治そうと毛細血管が密集したことで毛細血管が増えたり、炎症の悪化による毛細血管の損傷によるものです。

そのケアにはグリコール酸やAHA、BHAなどの成分が入った化粧水が効果的です。

古い角質を取り除くことで肌の再生を促し、ニキビの炎症を改善することができます。

また、精製水を含ませたコットンに化粧水を染み込ませてから6から7枚に裂いて、頬、鼻、額、顎と隙間なく顔に貼り付ける方法もあります。

そのまま3分から5分ほど置いてから、通常の保湿を行います。


この他にも「肌に刺激を与えない」というケアも改善に繋がります。

毛細血管が損傷しているところへ朝と夜の二回以上の洗顔やゴシゴシと強く顔を洗いすぎてしまうと、肌へダメージを当ててしまうため却って改善を遅らせてしまいます。


シミになるニキビ跡のケアには、その原因となるメラニン色素に作用するビタミンC導入体やレチノールが入った化粧水が使用されています。

ビタミンC導入体はメラニン色素の抑制や色素を薄くしていくメラニン還元の作用があるため、改善だけでなく予防もすることが可能です。

レチノールにはグリコール酸などの成分と同じように古い角質を取り除き、肌の再生を促す役割を果たします。

こちらも肌の刺激が悪化する原因となるので、なるべく肌を刺激しないようにすることがベストです。


陥没が残るニキビ跡の原因は「肌の再生が均一に行われない」ということにあります。

炎症が表皮だけでなく肌の奥の真皮にまで起こっていると、真皮のコラーゲンがダメージを受けます。

真皮は表皮と比べて肌の再生が行われにくいため、コラーゲンがダメージを負ったまま肌が再生されてしまうので陥没が起きてしまいます。

そのケアにはプラセンタという肌の陥没を緩和させる成分が入った化粧水が良いとされます。

プラセンタは肌の奥の真皮にまで浸透し、コラーゲンの生成やダメージを受けたコラーゲンを再生させる効果があります。

これにより肌の陥没が緩和されます。

やはりこちらのケアにも「肌へ刺激を与えない」ことが重要となっています。

■ サイト・コンテンツ ■

  • TOP…ランキング一覧
    • ニキビケア化粧品おすすめ@人気ランキング…調べました!
  • ニキビケア化粧品を探す前に自分のニキビのタイプを知る…!
    • ニキビケア化粧品を探す前に、自分のニキビのタイプについてしっかりと把握し、それに合った化粧品を選ぶようにしましょう。
  • ニキビの原因を把握して対策しよう…!
    • ニキビの原因として皮脂量が増えることがありますが、その原因となるのが乾燥、ターンオーバーの乱れなどです。まずは肌のターンオーバーを正常にして、ニキビの原因を解消していきましょう。
  • ニキビケアに成功した私の体験談…!
    • ニキビケアをする時のポイントは、サンプルやお試しセットを利用すること、なるべくシンプル処方で保湿力に優れたものを選ぶこと、使い続けること、そして、栄養バランスや睡眠時間もある程度視野に入れることだと思います。
  • ニキビケアの体験談で救われた…!
    • ニキビって、出来てからどうにかするのは無理、ニキビが出来ない肌にしなきゃだめなんだと判りました。高級な化粧品も散々使ってきましたが、その体験談に教えられたのはシンプルなやり方でした。