ニキビケアに必要な栄養素や食べ物とは

ニキビケアに必要な栄養素や食べ物とは

65view

2019.07.19

ニキビの原因の一つとして、栄養バランスの方よりやビタミンB群の不足などによって起こる場合があります。
脂っこい食事やインスタント食品、スナック菓子などの食べ過ぎなどには特に注意が必要で、脂肪分や糖分が皮脂の栄養となりやすくなって、過剰に摂る事で皮脂の分泌を増加し、皮脂が毛穴ニキビにつながってしまうという結果になってしまいます。
脂肪分や糖分が体内に入る事により、肌の代謝に必要なビタミンB群が不足しがちになり、皮脂分泌のコントロール機能が乱れ肌が脂っこくなったり、ニキビ肌になりやすくなってしまいます、逆にカロリーを抑えすぎることで肌に栄養がいきわたらずにニキビが出やすい状態になってしまうので、ケアするためには食べ物から考える事が重要です。

ニキビケアのためにはバランスの良い食事を心がける事が大切です。
タンパク質を基本とし、ビタミンや食物繊維が豊富な野菜などが重要です。
ケアの為に特にとりたいものとして、βカロテンを含む良く黄色野菜には抗酸化作用が高く体内ではビタミンAとして肌の再生を促してくれます。
ビタミンCにも抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を助けて皮膚や血管を丈夫に保ちます。
さらにニキビ対策にはビタミンBとビタミンB2、ビタミンEあどの栄養素で皮脂の分泌を調整して、角化以上の発生や色素沈着を防いでくれる働きがあるのでこれらをなるべく取るようにすることが大切です。

ニキビケアに良い食品として、抗炎症性の効果が期待できるオメガ3脂肪酸を含む魚や、肌に良いビタミンAやD、EやKを吸収することができるココナッツオイルなども重要です。
オメガ3脂肪酸が豊富なうえに食物繊維がたっぷりあるチアシード、特にクルミが良いナッツにもオメガ3脂肪酸がたっぷりはいっており、セレンと亜鉛といったミネラルもとれるのでお勧めです。

体内から毒素を排出したりする効果があるアブラナ科の野菜や、オメガ3脂肪酸やビタミンCやAが豊富なアボガド、免疫機能や代謝の促進などに効果を発揮するショウガなどがニキビケアに効果があります。

ニキビにあまり良くない栄養素としては炭水化物です。
新陳代謝を行い毛穴を詰まらせないようにするために重要な結合タンパク質を減少させてしまい、炭水化物を分解するためのインスリンは炎症性のホルモンを皮膚細胞の増殖を刺激し、症状を悪化させてしまう場合があります。

最後に食べ物だけではなく、普段の生活リズムをしっかりと整えることもニキビケアにはとても必要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る